勤務が多くなりやすい理由

IT業界のブラック企業は、残業や休日勤務が一般的な企業と比べて比較的多い傾向にあります。その理由は、SEの職務の内容が他職種と比べて専門性が高いことが大きな要因です。一般的な企業は社員の残業が多くなりそうな状況であれば、労働基準法の面において少なくするために調整を行う場合が少なくありません。例えば、仕事の納期調整や目標値の修正、SEの追加などある特定の社員の残業を減らすための方法はたくさんあります。

しかし、IT業界ではこのような対応がなかなかとれない現状があるのです。それは、仕事に専門的な知識が求められることが多いからです。上記の調整方法のうち、仕事の納期調整や目標値の修正は行えますが、SEの追加となればその追加されることとなるSEにも同等のスキルを持っていることが前提となります。同等のスキルを持っているSEはたくさんいるだろうと思うかもしれませんが、単純にシステム開発をしているからプログラミングのスキルを持っているSEであればいい、といったそんな単純なものではありません。

プログラミングといってもその言語は多種多様であり、前提として仕事で使用する言語スキルは当然持っておく必要があります。また、同じ言語スキルはあったとしても、IT業界の仕事では比較的長期間に渡って作業を進めるため、途中参加の場合には踏まえておかなければならない前提事項が非常に多く、新しいSEにその場で簡単に引き継げるような仕事ではない場合が多いです。